検索
  • 訪問はりきゅうマッサージこりす*秋葉原

10月17日(木)上水道の日

 上水道とは、ろ過した水に圧力を加えて鉄のパイプで送り、蛇口からいつでも使うことができる近代水道のことです。

 日本で初めての上水道は1887年に横浜市でイギリスの土木技師、ヘンリー・S・パーマーによって作られました。10月17日はこの上水道から給水が始まった日です。

 約2年半の工事を経て相模川上流から水を引き、横浜市の野毛山公園の貯水池を通って市街地に給水されました。当時は各家庭に水道を引くことも水道料金も高額だったために、道路に作られた獅子頭共用栓という共同の蛇口から水を汲んで使っていました。

 現在では震災の意識の高まりを背景に、地震に強い水道管の整備が進められています。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

11月27日(金)ノーベル賞制定記念日

11月27日は「ノーベル賞制定記念日」です。 この記念日は1895年(明治28年)の今日、ダイナマイトの開発で巨万の富を得たスウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベルが、自分の遺産は人類のために最大の貢献をした人々に分配すること、という遺言状を書いたことに由来します。 ノーベルの遺産を元にした基金168万ポンドで、毎年その利子が、物理学・化学・生理学医学・文学・平和事業・経済学の6分野に貢献した人

11月26日(木)いい風呂の日

11月下旬になると、お風呂でゆっくり温まって疲れを取りたいという人が増えることと、11と26で「いい風呂」と読む語呂合わせから日本浴用剤工業会が制定しました。入浴剤の効用と普及拡大をアピールするのが目的です。 お風呂は体を清潔に保つのにも良いのですが、健康面でも効果が期待できます。 具体的なお風呂で期待できる健康効果としては、 ●温熱作用でカラダが温まる ●水圧による血行改善の効果 ●浮力作用で気

11月20日(金)いい乾物の日

海産物や農産物を干したり乾燥させたりして出来るのが、昆布、かつお節、干ししいたけ、切干大根などの「かんぶつ(干物・乾物)」。日本の伝統的な食文化である「かんぶつ」を味わい、楽しみ、学ぶ日にと、日本かんぶつ協会が制定しました。 日付は干物の「干」の字が「十」と「一」で成り立ち、乾物の「乾」の字は「十」「日」「十」「乞」から成り立っていることから、これらを組み合わせると「11月20日にかんぶつを乞う」

どんぐり_edited.png

0120-048-084

 訪問はりきゅうマッサージ

リスだけ(カラー)(透明背景).png
リスだけ(カラー)(透明背景).png

​こりす*秋葉原

東京都千代田区神田佐久間町河岸84​ サンユウビル601

​平日 9:00~17:00

(月~金曜) 祝日除く 

どんぐり.png
リンクバナー(しんきゅうコンパス用).jpg