検索
  • 訪問はりきゅうマッサージこりす*秋葉原

10月26日(月)柿の日

~ 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 ~

 これは、明治28年10月26日に奈良旅行へ行った正岡子規が詠んだ有名な俳句です。法隆寺に立ち寄った後、茶店で一服して柿を食べると、法隆寺の鐘が鳴り、その響きに秋を感じたという意味の句です。このことにちなんで、現在では、10月26日は「柿の日」に制定されています。

 正岡子規は柿が大好物だったようで、この他にもたくさんの柿の句を詠んでいます。

 柿にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、日本では昔から重要な栄養補給源とされていました。さらに、栄養価の高い柿を食べれば健康になれる、という昔の人々の考えから、「柿が赤くなれば医者は青くなる」という諺まで生まれています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月28日(月)身体検査の日

1888年(明治21年)のこの日、文部省がすべての学校に毎年4月に生徒の活力検査(身体検査)を実施するよう訓令しました。今では当たり前のように行われている身体検査が、100年以上前から行われているのは驚きですよね。 1901年頃の小学6年生の男子の平均身長が127.9cmだったのに対して、100年後の2000年には145.1cmになっていることから、昔の日本に比べてかなり子供の発育状態が良くなって

12月25日(金)昭和改元の日

昨日のクリスマスイブのパーティでケーキを食べたり、プレゼントの交換をしたりして盛り上がったという人も多いでしょうが、イエス・キリストが降誕したことを記念するクリスマスは今日25日。 そしてもうひとつ、今日は「昭和改元の日」。1926年、大正天皇が崩御し、皇太子裕仁親王が天皇の位についた日です。これと共に新しい元号「昭和」が制定されました。

12月24日(木)クリスマス・イヴ

今日は「クリスマスイブ」。 クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜のことを指します。俗に24日全体を指すこともありますが、ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦においては、日没をもって日付の変り目とするため、本来は24日の日没以降のことをクリスマス・イブと言います。 日本では「恋人と過ごす日」として定着していますが、欧米諸国では宗教的行事のひとつであるため「家族と過ごす日」とさ