検索
  • 訪問はりきゅうマッサージこりす*秋葉原

2月10日(月)フットケアの日

 一般社団法人日本フットケア学会、日本下肢救済・足病学会、日本メドトロニック株式会社が制定。日付は「フ(2)ット(10)=足」と読む語呂合わせから。

 糖尿病や下肢の血流障害である閉塞性動脈硬化症による足病変の予防、さらには早期診断・早期治療の啓発が目的です。

 足病変は、重症化すると足の切断にまで至る大変な病で、下肢切断となる人は年間1万人以上と言われています。糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、神経障害や動脈硬化などによる血流障害が起こりやすく、感染症に対する抵抗力も低下します。さらに、喫煙、不眠、加齢、不衛生、ストレスなどが加わることで、足病変を発症するリスク(危険因子)はますます高まります。神経障害が進むと末梢神経が侵され、冷たい、熱い、痛いなどの感覚がにぶり、ケガややけどに気付きにくくなります。

 日頃から足のチェックやケアを行うことが重要で、キズやむくみ、変色、変形、悪臭、しびれなど、足の異変に気が付いたら主治医に相談しましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月1日(木)コーヒーの日

1983年(昭和58年)に全日本コーヒー協会が制定しました。国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始りの日であることから。また、コーヒー豆の収穫が終わり、新たにコーヒー作りが始まる時期でもあります。 「コーヒー年度」が10月にはじまるのは、世界一のコーヒー生産国、ブラジルの生産状況に関係しています。 ブラジルのコーヒーの生産量は、世界の全生産量の約30パーセント。 そのためこの国の収穫高や品質

9月30日(水)交通事故死ゼロを目指す日

日本政府が「生活安心プロジェクト」の一環として2008年(平成20年)から実施しています。 毎年、多くの人が交通事故により死傷しています。そのような中、交通安全に対する国民の意識を高めるため、新たな国民運動として、「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられました。国民一人一人が、交通ルールを守り、交通マナーを実践するなど交通事故に注意して行動することによって、交通事故を無くそうと呼び掛けています。 皆

9月24日(木)畳の日

春と秋にある、年に2回の畳の日をご存じでしょうか。 まず春は、かつてみどりの日とされていた4月29日です。これは、畳に使用されるイグサが、きれいなみどり色であることに由来します。 秋の畳の日は、9月24日です。これは、9月24日が清掃の日である、環境衛生週間のはじまりの日であることに由来します。 畳の歴史は古く、時代に合わせて進化をしてきた日本ならではの敷物です。高い吸湿性をもっているため、住まい

どんぐり_edited.png

0120-048-084

 訪問はりきゅうマッサージ

リスだけ(カラー)(透明背景).png
リスだけ(カラー)(透明背景).png

​こりす*秋葉原

東京都千代田区神田佐久間町河岸84​ サンユウビル601

​平日 9:00~17:00

(月~金曜) 祝日除く 

どんぐり.png
リンクバナー(しんきゅうコンパス用).jpg